ホーム

2011年精神物語

2016年04月13日 03:35

姿形を変える透明な坊主頭の子達と出会い、そしてあの気持ちの悪い出来事から2年が経った

ある日僕はまた声が聞こえるようになった

この日までは坊主頭の子達とはちょくちょく会っていたが

声が聞こえだしたのは久しぶりであった

声の内容は男性のモノだった

きっかけは覚えていない

ただその声はまたしても僕を殺そうとした

僕はその頃には夢の中を自由に散策できていたし

楽しいこともそれなりにあった

しかしその日の夢はいつもと違っていた。

僕は最下層の玉座に居座りあるモノ達を待っていた

それは魔王と呼ばれるモノ達だった

普通は魔王が玉座に座っているモノだが

あの日僕がその場所を魔王から奪い取ったモノだから

僕がその玉座の主となっていた

現れた魔王は僕を玉座から離すために戦いを挑んできた

だが僕は創造の力でその場の空間をねじ曲げてつるぎで横に薙いだ

そうすると玉座が揺れ

三人の魔王達は僕から玉座を奪えないまま消滅した

夢から覚めると今度は現実世界での戦闘が始まる

常にこの世界は夢の世界と現実の世界での二つの覇権が重要視されていた。

次は現実世界での戦闘だ

相変わらず僕はあまり眠れてはいない

それと僕が玉座を奪ったのは球体を打ち破った時に魔王と戦っていることからだろうと推測する

最初の戦いは記述しない
スポンサーサイト

新生こむぎこ コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://87121812.jp/tb.php/807-3203f452

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

こむぎこの小説

小説契約のジルコニアのサイト

ランキング日本ブログ村

プロフィール

こむぎこL

Author:こむぎこL
FC2ブログへようこそ!

コメントについて

ありがたく日記に書いて下さったコメントは

次のブログ更新時に

返信いたしますのでよろしくおねがいいたします

あとリンクについてお話がありましたのでリンクにつきましては基本フリーでただし怪しいサイトにはるのはよろしかったらお控えください

そしてこの度スカイプIDを取得いたしましたので

何か直接お話ししたいことがございましたら

komugiko.batakeまでお願いいたします

最後に時計修理もいたしますのでそちらの方もよろしくお願いします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ニコ生

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR