ホーム

精神物語3

2016年04月11日 12:54

今日はハウスの中の土をならしていました

そんなに時間もかからなかった。

午後からはちょっと工芸品を置いてるお店にいって来る








球体の殻とは硬い物で精神だけがその中にいて僕達はまったく脱出できないでいた

そこで僕は前日に女性達を退かせた言葉でみなのバラバラな言葉を合わせようとする

「絶対○○」

これが合い言葉だった

これを最初は数名から始めた

だが球体はもちろんびくともしない

だが僕は夢を見せられたので知っていた

ここの球体に閉じ込められたすべての人たちが言わないと球体は壊せないと

僕はその見た夢にすべてをかけた

絶対○○絶対○○……

何度も唱える

やがてすべての言葉は一つにまとまりあの硬い球体打ち破ることに成功する

これを体験せずそういう事実を知っておきながら逃げた者は

今度は70億もの人々とやってもらうことが決定している

後悔してももう遅いのである

精神の牢獄、無事脱出できた僕達は最初のこの試練をクリアしたのだった

後ろを見て逃げた者や一度その世界を見てすぐに現実世界に逃げたモノ達はもう遅い

誰も助かりはしない

だが僕だけが知っていることがある

それはこの何かに書くことはないだろう

何故なら世界にあきれたのだから

その後真っ白世界に放たれたモノ達は僕に怒りをぶつけてくる

その苦しみで体は曲り首も曲がってしまった

スポンサーサイト

新生こむぎこ コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://87121812.jp/tb.php/805-67d916c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

こむぎこの小説

小説契約のジルコニアのサイト

ランキング日本ブログ村

プロフィール

こむぎこL

Author:こむぎこL
FC2ブログへようこそ!

コメントについて

ありがたく日記に書いて下さったコメントは

次のブログ更新時に

返信いたしますのでよろしくおねがいいたします

あとリンクについてお話がありましたのでリンクにつきましては基本フリーでただし怪しいサイトにはるのはよろしかったらお控えください

そしてこの度スカイプIDを取得いたしましたので

何か直接お話ししたいことがございましたら

komugiko.batakeまでお願いいたします

最後に時計修理もいたしますのでそちらの方もよろしくお願いします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ニコ生

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR