ホーム

きつねの少女後編

2015年09月11日 20:51

きつねの少女後編

街道の風は少し寒い。

乗ると決めるとさっそく荷馬車の座席に座る少女。

ジムニの隣だ。

「お腹が減った……」

彼女はお腹をさすっていた。

「君は一人でどこに向かおうとしてたんだい? もしかして親と離れたのかな」

ジムニは手綱を握り馬車を動かした。

ゆっくりと馬車はイルスの町へと向かう。

「お父さんはいないわ……お母さんはもしかしたらイルスの町にいるかも」

そういうと少女は頭をゆらした。

「……そうか」

ジムニはしずかに馬車を動かす。

「そうだ!!」

少女はとつぜん街道の真ん中で叫ぶ。

「どうしたんだ!急に……」

ジムニはその声に驚いた。

乗っている馬車も少しだけゆれる。

「私、近道を知っているの!」

少女はジムニに顔を近付けほほえんだ。

「近道? この街道は一番イルスに近い一本道だぞ」

そこにはその話を不思議がるジムニと近道を行きましょうと言う少女がいた。

数分後、先程言われた場所から数キロ先には確かに少女の言うような道があった。

だが様子がおかしい。また人がうずくまっているではないか。

ジムニはまた馬車から降りてその人の元へと向かう。

「大丈夫ですか!」

ジムニは話しかけると息をのんだ。

街道の電気灯の下でまたも綺麗な金色髪の女性と出会ったからだ。

女性は三十歳位だろう。

彼女はお腹を押えており、状況は先程の少女と一緒である。

「お腹が減ったわ」

彼女はそう言うとジムニに食料がないかを聞いた。

「一応ありますが」

ジムニは女性に荷馬車に積んであるパンとミルクを渡した。

それを渡すと彼女は微笑んだ。

突然夜の街道で風が吹く。

すると金髪の彼女はいなくなっていた。

「なんなんだ。全く」

馬車に戻るジムニだったがそこには先程まで乗っていた少女の姿もなくなっている。

不思議がるジムニの席にはキツネの毛とクローバーだけがあった。

さて場所は宿屋『サンセット』に戻る。

子供たちは親に連れられ帰るところだ。

どうやら今日の町の集まりは終わりらしい。

「面白いはなしだったわねジル」

「あ……ああ」

ジルとシエラはジムニの話が終わると階段をのぼり始めるところだった。

「ちょっと待っててくれシエラ」

ジルはとつぜんシエラに話かけた。

「え? うん!」

ジルは食堂でいまだコーヒーを飲んでいたジムニに話しかける。

「ジムニさん」

「どうした? ちっちゃいの」

ジルは一瞬迷ったが言うことにした。

「人なんて最初から出てこないでしょ」

ジムニは驚いた顔をした。




にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

自分で書いた小説(自伝含む) コメント: 1 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

ブログを拝見しました

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。

2015年09月19日 11:39 | URL | つねさん | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://87121812.jp/tb.php/667-6476f0d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

こむぎこの小説

小説契約のジルコニアのサイト

ランキング日本ブログ村

プロフィール

こむぎこL

Author:こむぎこL
FC2ブログへようこそ!

コメントについて

ありがたく日記に書いて下さったコメントは

次のブログ更新時に

返信いたしますのでよろしくおねがいいたします

あとリンクについてお話がありましたのでリンクにつきましては基本フリーでただし怪しいサイトにはるのはよろしかったらお控えください

そしてこの度スカイプIDを取得いたしましたので

何か直接お話ししたいことがございましたら

komugiko.batakeまでお願いいたします

最後に時計修理もいたしますのでそちらの方もよろしくお願いします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ニコ生

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR