ホーム

妄想小説5

2014年08月29日 13:35

ジルコニア・バデライトはこの町の相談役という特殊な役職を与えられている。
主に町長の目が届かないようなことを解決する役だ。
本人は
(あのクソフランクめ)等の愚痴をよく言う。
言わば町の面倒事にはジルがよく関わっている
「シエラ~ジルさんは?」
「シエラ譲?相談役は?」
人は不安になると上の人間にたよりたがるまあ仕方がないことなのだが
「皆さん落ち着いて!」
(もう何しに行ったのよジル~!!!!)
「ファセット!あなたも少しは・・・・・・あれ・・・・・・いない」
そのころ南広場では
「騎士部隊弓を引け!!!狙うのは竜の眼だ!!」
フランクが指揮を執る
「A班すぐに守備を固めろ!!、B班は騎士部隊のあとにつづいて槍を持て!」
だが騎士部隊の弓は竜の眼には当たらない
「あんなんじゃだめだ!!」
そこへジルがやってくる
「20m級一体だけか!!なら!!」
すぐに死体なっている騎士部隊から弓と矢を取り竜の眼に矢を放つ
「当たってくれよ・・・・・・」
ジルの放った矢は真っ直ぐに飛ぶまるで風の抵抗を受けていないかのように
「ぐえるるるるああああ!!!!」
竜が吼える。見事に矢は竜の眼をとらえた。
「今だ!!!!全員槍に持ち替えよ!!!狙うは間接だ!!!私に続け!!!!!」
フランクは叫ぶ。するとフランクの槍は見事に足関節部分をとらえる
竜とフランクが互いに叫ぶ。それに続いて全部隊の槍が一斉にフランクの名指しした箇所をつく
勝てるかもしれない誰もがそう思ったはずだ
そうこのときまでは・・・・・・・
スポンサーサイト

未分類 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://87121812.jp/tb.php/389-ce27c3f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

こむぎこの小説

小説契約のジルコニアのサイト

ランキング日本ブログ村

プロフィール

こむぎこL

Author:こむぎこL
FC2ブログへようこそ!

コメントについて

ありがたく日記に書いて下さったコメントは

次のブログ更新時に

返信いたしますのでよろしくおねがいいたします

あとリンクについてお話がありましたのでリンクにつきましては基本フリーでただし怪しいサイトにはるのはよろしかったらお控えください

そしてこの度スカイプIDを取得いたしましたので

何か直接お話ししたいことがございましたら

komugiko.batakeまでお願いいたします

最後に時計修理もいたしますのでそちらの方もよろしくお願いします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ニコ生

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR