FC2ブログ

ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

妄想小説4

2014年08月28日 23:03

竜・・・・・・それは太古の昔から存在しており、初代聖王の竜殺しがこの世界では聖古書にも載っているほど有名な伝説だ。
竜の鱗は鋼よりも固く、体長は5mからのものから30m近くのものまでいる。何よりやつらの素早さと強靭なあごは、けたちがいであり、体内から毒ガスや火を噴く者までいる。
 しかし初代聖王の竜殺し以来竜族との間で契約が結ばれこの世界に平和が戻っている。ちなみに竜殺しに成功したものは、ただ一人聖王のみである
そして1年ほど前から南の地方グエンで竜が人間を襲う事例が発生しており、そのため聖王都の騎士部隊が躍起になり、無茶な訓練をしているらしいと聞く。契約はどうなったのか?それはまだ謎に包まれている。
そんなときに話に上がっているのが5年前噂の暗殺部隊2万を一人で壊滅させた赤い風のリーダー、ルーダー・カットによる英雄的な働きが地方の民の活力となっているのだ。
「カンカン!!!竜が来るぞ~!!!」
会議室あわただしく動き始める
「誰だ!!竜が来ることを言ったのは!!!!」
「わかりません。どうやら今の話を聞かれていたようです」
近くの衛兵が言う。
「ちっ!どうするつもりだフランク!!これは非常にやばいぞ・・・・・・」
「しかたあるまいすぐに町知らせをだせ!!この町に留まるようにと」
「まさかこの町を戦場にするつもりか!?」
ジルはフランクにその問いに怪訝そうな顔をする。
「ジル頼みたいことがある・・・・・・」
「・・・・・・まさかお前・・・・・・」
「ああ・・・・・・あとは頼んだぞ」
フランクそういうと会議室を出ていく
「町長どこへ!!!!」
皆がフランクの顔を見る
「これより竜族撃対作戦を始める!!!!!!!!!」
「町の民を北側のマドリード広場へ誘導!!!一人残らずだ!!衛兵は部隊を二つに分ける」
フランクは颯爽と会議室を出ていく。
彼は会議堂近くに集められた衛兵と騎士団に号令をかける
「この俺と死んでもいいというやつだけきてくれ!!話はそれだけだほかの部隊はジルコニア・バデライトに任せる」
フランクはそういうと一人その場を後にする
「ジル・・・・・大丈夫?」
シエラが心配そうに言った
「ああ・・・・・たぶんな。それじゃほかの商店街連合会に連絡頼むぞシエラ!」
「う・・・・うん!!!」
ジルの判断は早かった。まずは連合の人間たちと子共たちをあつめ、すぐに誘導準備へと移る。
マドリード広場へは3つのルートがある
一つは中央大通り、2つ目は川沿いのルート、そして3つ目は酒屋が並ぶ裏通りだ
この町を知り尽くしているジルだからできることがある
彼は慎重に呼びかけ南からくる町人達を誘導する
「慎重に落ち着いてください!」
シエラもファセットも順調に事を運ぶ
「よしこれで全員だな・・・・・・衛兵達は確認の作業を。」
「竜が入ったぞ!!!!!!!」
「ひっ南の部隊が・・・・・・・」
衛兵たちがおびえる。とうとう竜が町へ入ったらしい
「くそ・・・・悪いシエラ。ファセットと町の人を任せた」
「ジル!!」
「ジルコニア・・・・」
ふっとファセットの方を振り向くと
「むぐ・・・・・・」
(キス・・・・・・)
「ファセット・・・・・・お前・・・・・・」
「聖王のご加護がありますように」
「あわわわわわキス・・・・」
シエラ顔を上気させへたり込む
「ま・・・・まあああとはたのんだ」
そういうとジル南広場へと走り出した。
スポンサーサイト

未分類 コメント: 0 トラックバック: 0

妄想小説書くのあきたから俺の新しい相棒載せる

2014年08月28日 17:10

どうも、こむぎこです

妄想小説書くのあきたから

とりあえず新しい相棒紹介する

DVC00250.jpg

セイコークレドールです

まあこれも直したものですが

いや~とにかく美しいめっちゃいい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妄想小説は、なにか反響あったり、暇な時に書きます

多分こんな駄文誰も読まないだろうなw


それでは
真緑風景~辺境農業生活
をよろしくおねがいしますと

時計修理のほうも受け付けておりますので時計修理に関してのほうもよろしくお願いたします

それでは今日はこの辺で

未分類 コメント: 1 トラックバック: 0

妄想小説その3

2014年08月28日 15:09

 「ふう・・・・・・」
ジルは一息ついた。するとファセットがよってきては驚いたように言う
 「驚きました。人間ってあそこまで速くなれるのね」
ファセットはあまり表情を表に出さないそのことを何故か知っているジルは少し尋ねることにした。
 「その服装はなんだ?聖職者か何かか?」
この国では聖職者という聖王に誓いを立てた者は全身を赤い衣で身を包む
 「ええ。この国を救った英雄部隊、赤い風の服装をアレンジいたしましたの」
ファセットは赤のスカートに乗った土埃を上品に赤いハンカチでほろう。
(またこの話か)
 「あれはおとぎ話だ。そんな部隊はない」
ジルは表情を変えず言う。そうそもそもこの世界にはまともな部隊はない。あるのは治安維持のための騎士部隊であり
この国ではそれがすべてなのだから・・・・・・・
「ところでさきほどの娘はいいのかしら」
「あ・・・・・・」
そのころ町では大騒ぎになっていた
「先生に姪だってよ。」
「兄貴に彼女が?」
「二股?ひどっシエラかわいそう」
はもとより
ジルの家の前では大男と町の人たちしかし様子がちょっと変だった
「んじゃあ何かい?嬢ちゃんはこの家に閉じ込められたってのかい」
「ジルーーー!!!!娘を返せ!!!!」
大男は逆に心配する側に回っていたし、シエラの父親まで出てくる始末
「ちょっとまってな嬢ちゃん今ハンマーでぶち破ってやるからな」
大男はハンマーを持ち出し扉をぶち抜こうとした
その瞬間だった
ジルが先ほど銅像を壊した少女とあらわれる
「まった!待ってくれ!!」
彼は急いで鍵を取り出すと家の扉開けた
扉を開けるとそこには泣き顔のシエラと包丁が握られていた
「ジル?誰ソノ子・・・・・・」
((あれシエラさん先ほどまで泣かれてたのでは・・・・・))
「シエラまずはジル君の話を聞こう?な?」
「嬢ちゃん俺もその方がいいと思うぜ・・・・」
シエラの父親と大男があせり出すついでにジルも
ジルはその後町会議室でことのいきさつを説明。少女のこと、壊した銅像はジルが建て替えること、そしてライオンがでたことを。
「ライオンが出たのは本当だろう。昨日目撃者が何件かでている」
町長であるフランク・メルカルトが言う。
フランク町長はこの町ではまだ若い長であり。歳は40である
「おまけにあれの報告もきている・・・・・・・竜の報告がな・・・・・・それも2体だ」
「王都に知らせは?」
「とっくに出している」
ジルの問答に真剣な表情でフランクは答える。
物腰は静かなジルであったが内心はあせっていた
(竜だって・・・・一体で町を破壊できるほどの魔物だっていうのに)
「この町の衛兵と騎士部隊合わせて何名だフランク?」
「・・・・・・・50だ」
「たったの50だと!それでどうやって、竜2体とライオンを追い払うっていうんだ!」
別の議員から怒鳴りつけられる
「隣町のウェンガーからの派兵は?」
すると会議室の窓から一羽のハトが入ってきた
「・・・・・・・・・・」
「どうしたフランク?」
フランクはただ一人笑みを浮かべていた
「ウェンガーはもうない・・・・・おまけに王都は騎士部隊も出さない」
まさに最悪の状態であった。

未分類 コメント: 0 トラックバック: 0

今日仕掛けてくださった方々ありがとございます

2014年08月28日 05:52

バンダイサン。ニンテンドウサン
あと霊府システムをつくってくださった方々誠にありがとうございます
しかしながらあまり効き目はないようで
とりあえず人生掛けてこのゲーム終わらせます

未分類 コメント: 0 トラックバック: 0

妄想小説その2

2014年08月28日 01:26

 ジルはその人だかりの中をかき分けて行く。
別に興味があるわけでもなかった
ただその人だかりとなっているだろう中心人物の声に聞き覚えがあったからだ
「まさかとは思ったが・・・」
 そこには異様な光景が広がっていた
割れた銅像と一人の体格のいい男、もう一人の方は齢にして15歳くらいであろう赤のベレー帽をはじめ全身上から下まで赤で統一されている服装に身を包み、違うところといったら栗色の髪の毛と白のソックスくらいであろうか
 今更だがこんなことになるくらいならいっそのこと無視していればよかったなと思うジルであった。
隣人に話を聞くとどうやらあのお嬢様があの男の売っていた銅像をこれ見よがしに壊したらしい。なんでもいきょうとがどうたらこたらだとか
 この国では異教徒という言葉はない。いや世界にそんな言葉はないのだ
何故なら異教徒とはもう聖王国が樹立するもっと前の話なのだから・・・・・・
その言葉の意味と声音の人物を理解したジルはすぐに行動に移る
「やや!すみませんうちの姪がそちらの銅像を壊してし・・・・・・」
間髪入れずに彼女は無言で銅像の頭を踏みつける
「てめえ!!!」」
男は少女の頭をつかもうとする寸前。風が走った。
いつの間にか壊れた銅像とそこには男と人だかりの町の人たちだけが残った
ジルは息を切らしながら彼女の手を引き走っていた
ジルの家は町の北にある。そこまでたどりつくと
自分の家の中に彼女を入れる
「あら大胆ですのね。」
「ふざけんな!」
少女は息を切らした様子もなく、むしろジルの方がよほど疲れた様子だった。
「ところであなた私に何かしました」
そんな言葉をいった瞬間だった
ガシャン!!物が落ちる音が家中に響く。その音の方を見ると一人の鬼が立っていた
「ねぇどういうこと・・・・・・詳しく聞きたい・・・・・・デスわ」
ジルはこのときほど人生の中でめんどくさいと思ったことはないだろう
そしてこれからもだ
さてどうしたものかうちにも鬼、外にでても鬼だ
するとジルはたった今はいったばかりの家をでる
正解だ。まだ外の鬼は来ていないとりあえずジルは扉に不必要に触り少女の手をひきまた走り出す。・
「こらまて!!ジル~!!あれ開かない?なにこれ」
シエラは一人家の中で呟いた
いつのまにかジルと少女は丘の上まで走っていた
「あ~しんど」
後悔の念と共に彼は言った
「あっ何か向かってくるわ・・・・・」
(今度はなんだ)
とおくから一匹の凶暴そうな動物が向ってくる。ライオンだ
ライオンとは聖王都から南西にいる凶暴な動物であるそれがなぜこんなとこに
「君の名前は?」
「えっ?」
「きみのなまえ!」
ジルは少女に言う
「私の名前・・・・・・ファセット・・・・そうファセット!!」
「わかった。ファセット少し離れていてくれ」
ファセットは察したようにその場からはなれる
「一瞬だからな。」
ジルは小さくつぶやく。するとあの時と同じ風が走った
瞬間彼はライオンの背後に回り込み蹴りを一撃横腹から入れる
ライオンは一瞬で昏倒したのだ
少女は信じられない者を見たかのような顔をする。続いて彼女はこういった
「お見事・・・・・・・」と

未分類 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

こむぎこの小説

小説契約のジルコニアのサイト

ランキング日本ブログ村

プロフィール

こむぎこL

Author:こむぎこL
FC2ブログへようこそ!

コメントについて

ありがたく日記に書いて下さったコメントは

次のブログ更新時に

返信いたしますのでよろしくおねがいいたします

あとリンクについてお話がありましたのでリンクにつきましては基本フリーでただし怪しいサイトにはるのはよろしかったらお控えください

そしてこの度スカイプIDを取得いたしましたので

何か直接お話ししたいことがございましたら

komugiko.batakeまでお願いいたします

最後に時計修理もいたしますのでそちらの方もよろしくお願いします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ニコ生

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。